地域包括ケアを現場側から支援する

メディラインは機微な医療情報を医療者がオンラインで安全にやりとりするために専用に設計されたメディカルメッセージングサービス。医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャーなど多職種間で患者さんの情報を共有・連携し、地域包括ケアを支援します。

医療・ヘルスケア専用

高い守秘義務を負う医療者が医療情報をオンラインで行う際は特別な配慮が必要です。医療者同士が安心して利用できる専用のチャット・メッセージングサービス。それがメディラインです。

誰でも使える

メディラインはシンプルなチャット・メッセージサービスです。誰でも使いこなすことが出来るので、操作方法を学習したりする必要がない簡単な操作が魅力です。導入してすぐ現場で利用開始出来ます。

最高水準のセキュリティ

世界最高水準のAES256Bit暗号で、すべてのメッセージは暗号化されます。また医療情報をオンラインで扱うために定められた『3省4ガイドライン』に準拠し国内のデータセンターで安全に運用されています。

高い拡張性

技術知識がある方にはWebhookによる他システムとの連携機能を用意しています。IoTを活用した様々な機器との連携や他の医療システムとの連携が可能です。アイデア次第で様々な拡張が行えます。

誰でも使える利便性と安全性の両立

連携の機能を高めるうえで重要となるのが、関係者間のスムーズな情報共有。だが、電話やメールを使った従来の連絡手段では、患者情報の漏洩いったセキュリティ面での問題がある。

医介連携分野での活用

ヘルパー、訪問看護師、ケアマネージャーという、介護事業の中心的な3職種の方からお話を伺いました。メディラインの介護業界での応用事例をご紹介します。

コミュニケーションツールは医療現場でも必要

24時間365日医療を提供する医療機関において、情報共有は欠かせません。外来で撮影した画像を電子カルテを使っているPCで閲覧し、すぐにカルテに貼り付けるためのツールとしても利用しています。

病診連携の要として

スタッフとそれぞれの仕事を中断させることなく、高いセキュリティで守られながら基幹病院と非同期コミュニケーションを行える。メディライン初の病診連携を実現した事例をご紹介します

個人情報への心配がない、機密性が担保されているチャットツールが必要だった

地域包括ケア推進の中で、多職種との連携は必須となります。異なる理念、構成年齢、リテラシーであっても"感覚的"に使用できるというメリットは大きいと感じます。

出先から秘匿性を担保し証拠が残せる連絡手段

処方医、訪問看護師に対処を求める必要がある場合、根拠のある報告として、おくすり手帳の内容や検査値表なども送って報告の裏付けに活用しています。

今すぐ始めましょう!

専用のアプリはAppStoreまたはGooglePlayから入手してください。インストール不要なWeb版もございます。