感染症対策で基幹病院との病診連携を実現

ながたクリニック

非同期コミュニケーションを実現

MediLineを導入したきっかけは個人情報が守られることが保証され、医療従事者が文章やデータなどをやり取りでき、情報を交換でき、それぞれの仕事を邪魔しないような医療用のラインのようなものが作れないか?とシェアメディカルさんに提案、相談をしたところ、それを実現、商品化されたのがきっかけです。

抗菌薬適正指導顧問医として地域を見守るために必要不可欠

自施設以外の基幹病院の感染制御・抗菌薬適正指導顧問医をしていて、その中での患者さんの状態や治療状態や経過などの個人情報がどうしてもコンサルトを受けるためには必要となる。しかし、自施設の仕事の多忙の中に詳細をみるために中途で訪問することができない。
緊急でない限り、自分の仕事の合間にその情報を共有することができ、また、その個人医療情報が外部に漏れないような安全対策が守られている中というのが、非常に安心できる。

高いセキュリティは安心できる

MediLineは顧問をしている施設の感染対策&制御チームのスタッフとそれぞれの仕事を中断させることなく、施設や患者医療個人情報の安全を守られた中でやりとりをしており、外部コンサルタントとして相互に活用をしている。

早期のメディラインフォンの実現を!

個人の携帯などで使う方に抵抗感がある方のためにメディライン専用携帯がコストパフォーマンスよく、機能性もある形で実現できるとよいと思う。
その携帯は、医師や看護師、薬剤師、検査技師などが個別に持ち、その中で連絡や情報のやり取りだけでなく、色々なガイドラインや薬辞書やマニュアルのアプリやファイルがインストールされているとより、いいものになると思われる。
また、それを使い、遠方でテレビ会議のようなことが実現できると理想である。 是非、御社にはそれを実現していただけたいと思っています。


ながたクリニック

住所:〒373-0011 石川県加賀市山代温泉北部3丁目72
電話番号:0761-77-7373
サイト:http://www8.plala.or.jp/nagataent/

永田 理希 略歴

  • 2006年より、感染症倶楽部シリーズを開催。
  • 2009年10月より ながたクリニック開業、福井県済生会病院 非常勤医として感染症専門外来、オープンベッド手術なども行う。
  • 2014年4月より、石川県加賀市民病院にて感染制御・抗菌薬適正指導顧問として勤務。
  • 2017年4月より、国立金沢大学医学部 非常勤講師として、卒前医学生教育に関わる。
  • これらの活動以外に感染症や新しい外傷・創傷治療に関する啓蒙・指導のために、感染症倶楽部はもちろん、それ以外にも特別講師として毎年、多くの講演会を実施。感染症倶楽部シリーズの活動は多岐に渡り活動を展開している。

【得意分野】感染症全般&頭頸部腫瘍・がん&頭頸部外傷・皮膚外傷、熱傷&ダイビング疾患
【専門資格】医学博士、耳鼻咽喉科専門医、感染制御専門医、抗菌化学療法認定医、ダイビングドクター(DAN JAPAN)、創傷湿潤療法実践・指導・講演医