相手がどこにいてもつながる安心感

夜間往診みなとホームクリニック(東京都世田谷区) 菊池亮代表

誰でも使える利便性と安全性の両立

夜間往診をするうえで、連携の機能を高める必要があります。そこで重要となるのが、関係者間のスムーズな情報共有です。しかし、電話やメールを使った従来の連絡手段では、患者情報の漏洩いったセキュリティ面での問題があるため、セキュリティがしっかりしている情報共有ツールをずっと探していました。
そんな時に、知ったのがこの「メディライン」でした。「メディライン」はリアルタイムで複数の参加メンバーと情報共有ができるチャット機能があります。対話形式でやり取りを行うことができ、画像の添付も可能です。そして、3省4ガイドライン準拠うたっていて暗号化など、医療者が求めるセキュリティレベルをしっかり担保していたため導入を決めました。

正確かつ効率のよい情報共有

当院では、患者からのファーストコールを受ける外部のオペレーターと医師とをつなぐ連絡ツールとして活用しています。複数の関係者でメディラインを使用していますが、「使い方がわからない」という声を今まで聞いたことはありません。操作説明不要で学習機会がなくても誰でも簡単に使える利便性があると言えます。
具体的な利用方法としては、往診依頼を受けるとオペレーターが、PC版の「メディライン」に患者の症状や既往歴、住所といった情報を入力します。その後、医師はその情報をスマホで確認し、往診可能な時間を返信。オペレーターは医師からの返信内容を確認し、その内容を患者さんに電話でフィードバックするという流れになります。
電話での口頭のやりとりでは、聞き間違えや、診察中などで医師が電話に出られないケースもありますが、「メディライン」であれば、相手がどこにいてもつながる安心感があるうえに、オペレーターの負担も減り、正確かつ効率のよい情報共有につながっています。

ICTは実際に活用することに意味がある

往診中に新たな情報が必要になったときや、他の医師の助言を仰ぎたいときなどにも医師同士の連絡ツールとして、このチャット機能を活用しています。一方、非常勤医師などに対するセキュリティ面では、毎日その日ごとのグループを作成し、出勤医以外が閲覧できないように対策を取っています。
ICTは実際に活用することに意味があります。その点でも、コミュニケーションに特化した『メディライン』は機能もシンプルで、救急往診を専門とする当院にマッチしています。今後、他の診療所とも連携して往診エリアを拡大していく予定です。関わる医師も増えていきますので、ICTのメリットが生きてくると思います。